人気ブログランキング |
<   2012年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧
誕生日を過ごしてみて
みなさん、FBから始まりメールやわざわざTELくれたりとお祝いのコトバの数々本当にありがとうございます。
生きてて良かった。
こんな時によく思います。

こうして33年間生きてこれただけでも幸せだし、やりたい事をやれてるだけで贅沢だなっと思います。
親、兄弟、友人、知人、僕に関わってくれてるすべての人たちに感謝してます。


でも正直、僕はこの歳まで生きていないと思ってた。
3度死にそうになりました。

1, 小学校二年生の時に台風直撃で大雨にも関わらず、何故だか分からないけど飼ってたザリガニを川に返してあげようと友人と思い立ち、川に行き放流。
その後コンクリートで出来てる土手を登ろうとしてもコケで滑って登れず、寸前の所で増水した川に流されずに難を逃れた。

2, 仕事中、登ってた枝が折れ落下。4mぐらいから。幸い落ち方が良かったから軽い打撲ですんだ。

3, 仕事中、登ってた枝が折れ縦回転で落下。6mぐらいから。木の真下にはお地蔵さんがあり、幸い落下する寸前に木の幹を掴もうとして回転が縦斜めになって、居た真裏まで回転して落ち、偶然にもお地蔵さんに落下せずにすんだ。



まだまだ日々を生きていきたいと思います。
ありがとうございます。



ではでは。
by kenzo-anzai | 2012-01-31 04:27 | 日々のコト
ふり返ってみよう(長文)
明日は自分の誕生日。
一年の中でも一番特別な日。

今まで暮らしてきた環境と比べたら、今の環境はとても落ち着いてて一人で色んな事を想う考えたりする事ができるから、コレもなんかの良い機会だから少し今までの自分を再確認してみよう。




誕生⇒
東京都足立区の井手病院というところで五体満足で出生。

0才⇒
この世に生まれ出てきて約二ヵ月後に一家5人で親戚一族がいる足立区を離れ、誰も知り合いがいない世田谷に引っ越す。理由は父だか母が足立区がイヤだからとの事。ただあの地に引っ越さなければ僕は間違いなく植木屋をやってないと思う。近所に幼馴染のお父さんが経営している植木屋さんの倉庫があったから。

1才⇒
とてもよく寝る子だったとか。ただ母曰く、ベビーベットから一人で柵をよじ登り這い出てくる姿を見て、この子はワクにはめないようにしようと決意したらしい。放任教育決定。

2才⇒
とにかくよく寝ていたらしい。寝たら3時間は起きなかったらしい。それを良いことに母は僕を寝かしてから家に置き去りにして、兄二人のスイミングスクールの付き添いで出かける。
生来の落ち着きのなさが出てきて、服も着ない靴も履かないでご近所中遊びまわる。この頃の我が家の付近は、まだ道路が整備されてないところもあり、ハダシはとても危険。案の定ガラスを踏んで足の裏を3針縫う。

3才⇒
幼稚園入園。
とにかく落ち着きがない。いつもあちこち動いてたらしい。

4才⇒
引き続き自由奔放に遊びまわる。この頃になると植木屋さんの倉庫で遊び始める。
消毒用の500リッターのタンクに閉じ込められたり、倉庫にある機械をいじったりトラックの荷台で遊んだり。
とにかく未知の世界の物ばかりで楽しかった。

5才⇒
確かこの歳だったと思う。誕生日プレゼントでローラースケートを買ってもらい遊ぶ。
電柱に括りつけられていたボロボロに剥がれたトタンで出来た「あぶない、飛び出し注意!」の看板にローラースケートの勢いで手を付いたら案の定手の平を7針縫う怪我。

6才~9才⇒
小学校入学。
実は今でも苦手だけど、九九が憶えられなかった。
2年生の時に九九をみんなで順番に言っていく時間があって、自分が言う番が6,7,8の段が回ってくるといつも間違えてた。

10~12才⇒
家庭崩壊。。。
父は休みなく働く。母も働き始める。夕ご飯が毎日野菜炒めの生活が始める。
ある時母から言われた。バレーボールクラブを学校で始めるみたいだからアンタやってみたら?と母から言われなんとなく始める。
その時に一緒にバレーをやっていた仲間と悪ガキとして着々と成長。良くも悪くも類は友を呼ぶもの。悪ガキ仲間で悪さを繰り返す日々。何度親と共に謝りに行った事か・・・。本当に手の付けられない悪ガキでした、皆様申し訳ありませんでした。
今思えばこの時良かった事は、とてつもなく厳しく怖い先生がコーチだったのでサボると鉄拳が飛んでくるので僕たちのチームは自然と強くなっていった。地区大会で一位になったりと。

13~15才⇒
中学入学。
仲間と共にバレー部に入部。
だけど引き続き悪ガキには変わりない。この頃になるとほとんど家には帰ってなくゲームセンターに入り浸り公園で仲間と夜中まで焚火をしたり、花火で戦争ごっこしたり悪ガキっぷりがエスカレート。とにかく人様に迷惑をかけることしかしていなかった。
だけど小学校と同様、中学でも厳しくて怖い先生が部活の顧問。しかも学校で一番怖いと称されてる先生。
何故かキャプテンに抜擢された僕はいつも殴られる。とにかくしょっちゅう殴られてた。
そして僕たちは普通の中学のわりにはそこそこ強かった。地区大会は常に優勝。都大会でもベスト16までなったりと。

16~19才⇒
高校入学。それと同時に就職。
最初に働き始めた会社。上記の幼馴染のお父さんが経営している根〇造園土木。
僕ははっきり言って躾けって事をほとんど両親にされた覚えがない。あまり褒めてもらった経験もない。悪い事をしてもほとんど怒られた経験がない。本当に放任だった。だから良し悪しの分別が分からない、挨拶もできない、言葉もどう使っていいか分からなかった。
働き始めてもうワケもわからずただただ一生懸命やっていた。失敗だらけだったけど。そしてたくさん怒られた。でも僕は一年ちょっとでその会社を辞めた。
そして鳶職を二ヶ月ぐらいやって、違う植木屋さんで働いた。
杉〇植木。この時に今の親方とも出会ったし、今でもお付き合いさせてもらってる諸先輩とも出会わせてもらった。この会社では本当に多くの事を学ばせてもらった。世の中の事、働くという事、植木屋とはどんな仕事か。本当に貴重な時間だった。そして少しずつ自分の仕事に興味を持ち始めた頃。

そもそも定時制を選んだ理由は・・・ 僕は本当に勉強がダメだった。楽しくなかったからやらない。親に勉強しなさいと言われた事がないからやる習慣がない。だから宿題もやった事がなかった。中学ではいつも授業中マンガを読んだり教室から出てどっか行ったりしていた。
当時我が家は家庭崩壊の真っ只中で親、兄弟と話なんかしないし、もう誰からも何も干渉されない、進路相談だって何も話さなかった。家庭崩壊が始まった時から一人で生きていくんだ!ってゆう愚かな考えしかなかった。
中学三年の夏休みに根〇造園土木で見習いで働いた時に、当時の番頭さんに定時制ってのがあるから高校だけでも出とけ!っと言われたのが一番のそして単純な理由。
でも今でも思う。定時制って所は本当に特別なところだったと。色んな人がいた。不登校児、悪ガキ、チンピラ、スーツを着たサラリーマン、授業の後に出勤するおネーさん、ジャガーで登校してくるヤ〇ザ・・・。
今でもたまに会ってお酒を飲み交わす当時の担任の先生が言う。定時制は普通科より苦労する分、生徒の成長が本当にうれしいと。。。こちらとしては、いつもタバコ臭くてごめんなさいと会う度に謝る始末。

20~24才⇒
某、大手造園会社に勤め始める。
この会社で僕は技能五輪国際大会いうのに出場させてもらった。
国内予選を勝ち抜き国際大会へ。
忘れもしない2001年9月韓国ソウル。ちょうどアメリカのテロがあった09/11の前後だった。
開会式の次の日から四日間の競技。決められた設計で正確な寸法で作れるか。個性が出せる植栽部分や石の割り方、石のすえ方や砂利の引き方などで空間を活かしきれてるか・・・。
造園業界の偉い方々がたくさん来てる、練習した成果を見せなければ当時の社長に恥をかかせてしまう。何より日の丸背負ってんだ。代表なんだから。。。
もうプレッシャーと混乱で力が出せなかった。
造園競技、出場7カ国、僕は6位だった。
やっぱりこうゆう本番で力を出せなかったってのが実力なんだろうなって今では思う。

でもこの時の財産は競技の経験もだけど、他の職種の人たちと出会えた事だった。
本当に多岐に渡る職種があった、美容、理容、フラワーデザイン、板金、左官、溶接、洋菓子・・・30何職種ぐらい。
大会の年齢制限が23才までだからみんな同世代。夜になれば毎晩宴会してた。宴会でもしないとみんなプレッシャーで潰れちゃうんだろうな。いつも朝集合して会場に向かうバスに乗るとみんな黙ってる。そしてまた昼休みにって言ってみんな戦いに行ってた。
昼食時には落胆してる人、未だに戦闘モードのまま呆然としてる人、あるいはメドがたってきた人。
でも見ていて一番辛かったのが取り返しのつかないミスをしてしまって、それを淡々と話す人の姿。この大会の為に何年も努力してきてココまできて、小さなミスが大きなミスに拡大してしまってどうしようもなくなってしまった状況。みんな気持ちは本当に分かる、同じ思いをしてるから。だから最後までやり切ろうってコトバしかかけられない。
本当にこの時の経験は一生の中でも貴重な経験。

25~29才⇒
大手の造園会社を辞め、調布にある深〇園に勤め始める。
とても良い会社だったけど、色々と縁がなく一年ちょっとで退社。

そろそろ具体的に将来を考えなくてはと思い始めた頃。
まずは以前からやってみたかった営業職に転職。この会社は当時マザーズに上場していた不動産仲介企業。
毎日スーツを着て新宿の高層ビルの上層階に向かう。ものすごく体育会系の会社で毎日社訓を吠えなければならない。毎日毎日飛び込み営業の日々。革靴が一ヶ月でへたる。
営業とデスクワーク・・・僕はコレには到底馴染めなかったので三ヶ月で退社。
でも、ここでも本当に沢山学べた。営業とはなんたるか、毎朝、日経新聞の読み合わせがあるので経済とはなんたるかを身に染めて学べたし、そもそも、こんな学歴のない僕を雇っていただけありがたかった。。。
この営業職で僕は今でも覚えてる社訓がある。
「謙虚で素直な気持ちを持って無形の財産を作るべし!」この言葉は今では僕の座右の銘の一つ。
そしてこの経験で僕は決意できた。
やっぱり自分は植木屋として生きていこう。
あの仕事が一番楽しいし一番好きだと。

そして次は大〇造園建設っと言う会社。
ここでキチンと数年やっていこうと思い働き始めるが、社長の息子さんとソリが合わず二ヶ月で喧嘩をして辞める。
さて、どうするか。
知り合いの方にお願いして会社を紹介してもらった。
栗〇造園土木。
もうこの会社とは縁が切れない間柄。
ちょうどこの時から僕は勤め人ではなく、個人事業主として独立して動き始めた。栗〇造園土木にはあくまでお手伝いであり社員ではない。親方の仕事の手伝いも行きたいし、その他にお呼びがかかればそっちに行く。言うなればフリーの植木屋として動き始めた。また自分で新規で営業して、お陰様で数軒の顧客とお付き合いをし始める事ができた。

そして、この頃僕は自分の将来を深く考えて目標を見つけた。
起業して世界中で庭を作りたい!ってゆう夢を。
馬鹿げてるかも知れないけど、でも自分自身に誓いをしたのも事実。

それから、英会話学校に通い始めた。今までまったく勉強してきてないから話せるわけがない。それでも毎日毎日勉強して、2年半ぐらいでようやく日常会話が問題ないぐらいになった。努力は裏切らない・・・本当だなとしみじみ思った。
茶庭が好きだし、使う側の気持ちが分からないと意味がないと思い茶道教室にも通った。ちょうどその頃から渡仏の準備が始まり、一年ぐらい通ってやめてしまった。
あと、ビジネススクールにも行って学んだ。理由は単純で、独立して経営者になる以上、経営の事を知ってなければ会社を経営するなんて事はできないと思ったから。
ただこうして色々と始める度に、色んな人に助言を頂けたのがありがたかった。特にこのビジネススクールは値段が高い分よくよく考えたし、ある人が背中を押してくれなかったら間違いなく行ってみようとは思わなかった。
っがしかし、いざ通い始めたはいいが周りの受講者の方々は有名企業に勤めてる人達だらけだし、みなさん普通に大卒。講師の方々もハーバードやスタンフォードや東大出の優れたエリート。世界が違う・・・。そして講義・・・下準備はしたけど正直まったく分からない・・・。まず知らない単語が多い。付いて行くのに精一杯だった。やっぱりこうゆう時に基礎となる学がないと厳しいなっと改めて痛感。
それでも何とか四科目を無事修了。
そして旅立ち。

30才~現在⇒
この期間は改めてふり返ろう。
簡単に言えば、最初に渡仏したのは29才の9/30。ワーキングホリデービザで一年間滞在。
就労ビザの申請の為に帰国。コレが約1年と9ヶ月。
そして去年の6/30に再渡仏して現在。




ずいぶん長く書いた。
読んだ上で感じた事は人それぞれです。
僕は僕のまま。
謙虚で素直な気持ちでい続けたい。
だけど、気付かないうちに変わってる事もある。
それでも、実るほど頭を垂れる稲穂の気持ちを忘れず33才の一年を走っていこう。




お陰様で十分ふり返れた。

明日も仕事で普通の日だけど、素敵な誕生日になりますように。




ではでは。
by kenzo-anzai | 2012-01-30 00:42 | 日々のコト
南仏の天気
今日は久しぶりの雨。
a0255206_17132216.jpg

目の前のマンション群の間からいつも見える山々も今日は姿ナシ。
だけど、我が家のベランダの下に広がる苔庭が水を含んで青々していて見ていて清々しい。
実は苔庭と言っても、我が家のマンションのガレージの屋根です。ずっと何もしていない状態なので自然に苔だらけになっただけだけど。。。

本当に久しぶりの雨だ。
前回はいつ降っただろうと思い出してみる・・・
確か新年になってから一度も降ってないから12月だ。
12月のクリスマス前に突然雪が降ってきて雨に変わったのが最後だな。

よくもこんなにも雨が降らないで植物が育つものだとしみじみ。


昨日改めてエリックに南仏の気候を聞いてみた。

春、だいたい一ヶ月ぐらい。
夏、六ヶ月?七ヶ月ぐらい。
秋、ほとんどナシ。二週間ぐらいかも。。
冬、残りの月。。。

分かりやすい天気だよな。


雨が少なく、晴れの日が多いから外仕事の僕としてはありがたい環境。
植木屋にはうってつけの場所だ。


だけど気温の変化が激しいのが難点。
ひどい時には朝と昼間で20℃ぐらい差がある時も。
また次の日になると一日中冷え込んでたりする。

体調管理が肝心だよな。



早く暖かくなることを願うだけだ。




ではでは。
by kenzo-anzai | 2012-01-29 00:05 | 日々のコト
顧客目線
日々思う。
お客さんが、自分が使ってる業者をどうゆう風に感じてるか。


ウチで使ってる業者はNo,1!!いつもありがとう!!
よっしゃ!!このままの調子だ!!

まー特に不満ナシ。
う~ん、もうちょっと頑張らなければ。何が足りないんだろ・・・。

言いたい事たくさんあるから今すぐパトロン連れて来い!!
すいません・・・。


お客さんが何を要望しているかのニーズ、それとお客さん自身も気付いてない深いニーズ。これらをコミニュケーションを活用して深いところまで掘り起こし、プロとして提案し実行していく。
簡単なようで難しいよな~。

そういえば昔、親方に言われたな。
簡単と思える事は実は一番難しいんだぞ!っと。
時間が経って身に染みるコトバだ。。。


それとやっぱりお客さん自身も使ってる業者がどれだけちゃんとやってくれてるのか気になるはずだよな。
作業後の結果だけじゃなくて、過程も大切だ。
自分に置き換えて考えると、インターネット回線を我が家に引き入れる時に、業者さんが作業してる所をずっと離れず見てたし。
どんな風にやるんだろうってゆう興味、そして、ちゃんとやってくれるかなってゆう不安。

だからこそ常に見られてる、評価されてるってゆう緊張感の中でやっていかないといけない。
当たり前の事だけど、これを維持していくのってこれまた難しいな~と感じる。


今日で言えば、マンションでの管理仕事の場合。
どこで誰に見られてるか分からないなっと。。。

あー草取り疲れた。
腰痛いなー。
ちょっと休むか。

だけど真上を見上げればこんな光景が・・・。
a0255206_3504557.jpg

おっと、イカンイカン。
ちょっと手を動かさないでいる姿をお客さんが見たらサボってるって思われるかもな。
休む時は休むでいいんけど、休み方もあるからな。



気が抜けない事は確かだけど、でも緊張感を持ってやってると掃除一つとっても良い仕事が出来てると思う。
十代の頃みたく一生懸命にやる気持ちを忘れちゃいかんな。
初心忘れべからず・・・。



とにかく一週間お疲れ様でした。




ではでは。
by kenzo-anzai | 2012-01-28 04:04 | 日々のコト
今日のお昼ご飯
今日の昼食はちょっと豪勢に頂きました。
エリックの友人が経営しているレストランに二人でランチ。

エリックの同郷で古くからの友人らしく、一度も行ってないと言っていて今日の現場はそのレストランの近くだったので伺うことに。

メニューを開いて、さて何を頼もうか考えてたらエリックから提案が。
カスレがオススメみたいよっとの事。
じゃ~カスレに決定。(詳しくはこちら
味付けが違うのをそれぞれ頼んでいただきました。

イメージと違って本当に美味しかった!
美味しさあまり肝心のカスレの写真撮り忘れた・・・。

カスレ、これは3年前にフランス在住だった時に住んでいた家で何度か食べた事があって、正直おいしくもないしまずくもないな~と思ってた料理。
しかしやっぱりプロが作る料理は全然違うな~っと改めて再認識。



そして珍しく甘いものまで頂きました。
ティラミス。
いやぁ~おいしかった。
すいません、ヤツの肘写ってて。。。
a0255206_3424866.jpg

そして、シメにはお決まりのカフェ。
完ぺき。
a0255206_3451586.jpg



久しぶりの外食で幸せでした!
しかも会社経費でありがとうでした。

そして午後は、満腹感と幸福感であまりテンション上がらず、のんびり作業させて頂きました。


明日で今週の仕事も終わり。
事故や怪我なく、しっかりやっていかなければ。



ではでは。
by kenzo-anzai | 2012-01-27 03:56 | 日々のコト
新しいお客さん
本日の作業は数週間前から新規でお仕事させてもらってるマンション。

ココがとてつもなく高級マンションらしい。。。
規模も大きいし、景色も素晴しい。
まさに地中海を一望できる感じ。
高級リゾート地カンヌでもトップ5に入る高級マンションみたい。


僕の仕事は大きく二つに分かれます。
庭を(緑地でも公園でも個人宅でもマンションでもなんでも)維持管理してキレイに保つ事。

それと、庭を作る仕事。
植物や石や竹や木材、色んなモノを活かして空間を作るっていえばいいのかな。
庭って言っても多岐にわたるから色々あるけど、例えば個人のお宅の作庭、あるいはマンションや商業施設の外部空間を作る。あとは公共事業で公園だったり街路樹だったり、緑に関する事を主な仕事にしてます。

そして今日は新規で維持管理の仕事を始めて間もないお客さん。
まだ仕事させてもらってから日が浅いのにも関わらず、マンション敷地の一部のお庭の作り変え。


少しでも多くの人が喜んでくれたら良いな~っと思いつつ最後の地ならし中。
もう少し暖かくなってきたら芝生の種蒔いて、お花を植えるらしい。
写真に写ってる左がスタッフのトマ君。
そして右が僕のパトロン(雇い主)で月に一度は大喧嘩する仲のエリック。
a0255206_4594263.jpg

コレは午前の状況。
連日の激務にも関わらず懸命にやっくれてるトマ君。
a0255206_562858.jpg



っが、終わらなかったです・・・。
明日か明後日仕上がる予定です。

仕上がった状況を見たいけど、多分僕は他の現場に飛ばされる予定。。。
エリックめッ!




でも何だかんだ、こんなスゴいマンションを顧客にして仕事してるだけでありがたいな~っと思うな。

まだまだ盛り上がっていきたいと思う今日この頃です。



ではでは。
by kenzo-anzai | 2012-01-26 03:23 | 日々のコト
そもそも、ブログを始めたワケ
簡単に言えば、自分の事を発信したいと思ったから。
ただ人それぞれの捉え方によっては、いらない情報だったり、あるいは不快にさせるのかなっとも思う。。。
それでも発信しなければ意味のないもの、意味のあるもの、それら類のものは何かしらの意味があるのではと思う。
とりあえず、読み手次第という事です。


自分自身の今までの道のりを思うと、ちょっと変わった生き方かなと。。。
小学校の頃からサラリーマンなんて絶対イヤだ!と思ってた。(別にサラリーマンの方々を悪く言ってるつもりはまったくないので!!)でも、それ以上深く自分の将来を考えられるワケもなく、なんだかんだ植木屋さん続けてただけ。
それでも自分の生き方を決めたタイミングがあって、それを今も挫けつつも走ってるだけかな。


フランスに渡って植木屋をやる!
って当時周りに言ったら、批判される事ももちろんあるけど、リスペクトされる事もありがたい事にあった。
別に自分がとてつもなく凄いなんてまったく思わない。
今日の仕事は庭の草取りと掃除です。
やってる事は日本でやる事と変わりないのです。
明日はもっと楽しい仕事みたいだけど。。。


ただ、ちょっと変な植木屋も世の中に居る事を世の人に知ってもらえればありがたいし、なによりも同業者に何かのきっかけになって頂ければありがたいと思う。(同業者各位、生意気な言い方ですいません・・・)



ってゆうワケです。。。
ネットってゆう媒体がある今の世の中、発信していかなきゃね。


ゆるりと続けていきたいと思います。





ではでは。
by kenzo-anzai | 2012-01-25 04:22 | 日々のコト
ミリオネア
今日の現場は毎週月曜日に必ず行くお宅。

億万長者の方。。。
世界にはとてつもないお金持ちがいるんだな~っと痛感・・・。
世界中に5,6軒こんな大邸宅をお持ちだとか。。。
なので、現在ご家族は他の国のお家に住んでいて、執事がこのお家を管理してるみたい。
a0255206_0161387.jpg

プールがあるのはココ南仏ではよくある話。建物もそこそこフツーなのかなと感じる。でも家の中をチラチラ覗いてみると家具や置物がキラキラ輝いている。
素人目から見ても高価そうなモノ・・・。
何か別世界だなっと。
a0255206_0255159.jpg

ダンナ様、庭広すぎないですか?
端から端まで行くのにけっこう時間掛かるのですが・・・。

やっぱり庶民とは感覚が違うんだろうな~。



お金か。。。
必要だし、なければ苦労するよな。
モノやサービスの価値はその時々で変化していくのが世の常。
見栄や欲もある。
煩悩をなくす事は難しい。。。


答えを求めすぎてもしょうがない。
何事も決め付けないで楽しくやってこ。



ではでは。
by kenzo-anzai | 2012-01-24 03:08 | 日々のコト
フツーの休日
去年の6月末に再渡仏して働き始めて以来、土日はお休み。
フランスの労働法で週35時間労働が徹底されているため。

完全に勤め人のスタイルだな~と日々感じる。
こうして週に2日間も休みがあると実は戸惑ったりもするもの。。。
こちらに友人、知人は少ししかいないし、東京みたくふらっと出かけられる所もあまりないからのんびり過ごすのみ。
部屋の掃除をする。本を読む、などなど。。。

でもそれもこれも少しずつ慣れていくものなのね。

この、のんびり過ごす。
実はコレが自分にとって足りなかった部分だったのかとも思う。
毎週月曜日にはすこぶる調子が良いし、職業病の腰痛も最近ではあまりないし。
まさに心身ともに快調な感じ。

そういえば、誰かが言ってたな。
休むのも仕事!っと。。。

うん、確かにね。


前にフランス人の友達に聞いた事があったな。

いつも土日何してんの?
何もしてないよ~。家でのんびり過ごしたり、映画見に行ったり、山に散歩行ったりだよ。

なるほどね。
とにかく各人が休みを休みにしてるワケだ。
とても人間らしいのかもな。
イヤ、フランス人らしいのかもな(笑)


さて、休もう。


ではでは。
by kenzo-anzai | 2012-01-22 23:54 | 日々のコト
はじめてみよう
前からブログをはじめてみたいと思っていたけど、なかなかはじめられずに数年が経過。。。
でも、はじめなければ何も進まないと思い、はじめてみました。

しかし自分自身の性格を考えると、文字でのコミニュケーションはあまり得意ではないし、特に文才があるわけではないからな・・・ 
それでもやるだけやってみましょう。

なので、まずは、はじめてみます。
by kenzo-anzai | 2012-01-21 20:51 | 日々のコト
  

中学校卒業とともに造園業の道に飛び込み、最初はただ勉強がキライで働きたかっただけだが、庭の魅力に目覚め夢を見つけ、それを叶えるため現在は南フランスで日々精進している一人の植木屋のブログです。
by kenzo-anzai
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
■名前 安斉 賢三
■生年月日 1979/1/30
■血液型O型
■出身地 東京都
■趣味 山歩き サーフィン スキー

都立明正高校定時制科卒業。
造園家、武藤敬一に師事。
第36回技能五輪国際大会の造園競技出場。

現在、南フランスのカンヌの造園会社に勤めて、異文化との融合を模索中。

最新の記事
ありがとうフランス
at 2013-06-30 16:48
仕事完遂
at 2013-06-29 18:23
解約の日々
at 2013-06-26 02:33
ご報告
at 2013-06-19 22:31
もう春でした
at 2013-04-25 01:39
バカンスの過ごし方
at 2013-04-22 01:35
新規工事Ⅵ 5
at 2013-03-27 03:51
雨天決行の是非
at 2013-03-26 03:47
新規工事Ⅵ 4
at 2013-03-20 02:29
新規工事Ⅵ 3
at 2013-03-17 01:39
新規工事Ⅵ 2
at 2013-03-16 03:13
骨休め
at 2013-03-14 03:45
新規工事Ⅴ 5(完)
at 2013-03-13 03:47
臨時連休
at 2013-03-12 03:47
新規工事Ⅵ 1
at 2013-03-02 01:12
盆栽
at 2013-03-01 03:37
新しい材料屋さん
at 2013-02-27 02:53
新規工事Ⅴ 4
at 2013-02-23 00:41
新規工事Ⅴ 3
at 2013-02-22 03:01
新規工事Ⅴ 2
at 2013-02-21 03:02
ブログジャンル
画像一覧